© 2018 by ALKALEIDO sound works.

Song No.1

もしも あの時全てを

投げ打ったとして

今日の ため息一つも消せやしないだろう

これで良いのだと 誰が見たって

ずっと 同じ答えの繰り返し

やつれた姿を 時代のせいにして

心の底じゃ 奇跡の光を待っている

街に溢れる 退屈な世界に

そっと 睨んだ眼の向く先は

臆病な僕らの 胸の中に

ずっと燻り続ける光

何度閉ざしたって 諦めたって

この空の先 見果てぬ舞台を指している

何回も何回も 星を見上げて

選んだ道の先に

どれだけ行けば見つけ出せるの

クライマックスはまだこれから

あの時全てを 投げ打ったとして

今日のこの 高鳴る想いは変わらない

何回も何回も 虹を描いて

選んだ道の先に

どれだけ行けば見つけ出せるの

クライマックスはまだこれから

何回も何回も 星を見上げて

届いているといいな

あの日描いた ユメの足跡

選んだ道の先に

ため息は続く

​クライマックスはまだこれから

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now